ホテヘルが盛んな池袋

ホテヘルが多い池袋は埼玉と東京を結ぶ大きなターミナル駅である。
飲食店、行楽スポット、カフェ、デートスポットなどがあり
無い物は無いと言えるほどの大都市だ。
その中にはサンシャインシティや乙女ロードなどの有名スポットもあり
平日休日問わず多くの人で賑わっている。

それは風俗店においても同じだ。
池袋はホテヘル、イメクラ、ヘルス、デリヘル、ソープ、SMクラブ、M性感など
様々な店舗が多数存在する、都内を代表する大歓楽街でもある。

池袋には北口・西口、東口があり、風俗店の分布も分かれている。
西口は立教大学やドラマで有名となった西口公園がある地域で
マルイの裏手付近に隠れたラブホテルや風俗店が多い。
北口はロサ会館など、おもむきのあるビルが立ち並ぶ。
ホテヘルやデリヘルなどに使われるラブホテルだけでなく
ソープなど多くの風俗店が軒を連ねている大歓楽街だ。
北口はチャイナタウンと呼ばれる中国人街があり、
このような人達が関わっている風俗店があるのも特徴のひとつ。

また東口は電気量販店、パチンコ屋、釣具店、ライブハウスなどが立ち並ぶ中に
ラブホテルや風俗店が立ち並んでいる。
ストリップ劇場があるなど歴史を感じられる地域でもある。
このような街の中で遊べるのが池袋のホテヘルなのだ。

○池袋ホテヘルの楽しみ方 

池袋はこのように様々な部分で様々な特徴のある街だと言える。
ここで最近増えてきているのが、ホテルで女の子と遊ぶことができる
ホテヘルという形式の風俗だ。
池袋は上でも話したが、風俗店だけでなくラブホテルも多くある。
2人がギリギリ入れて、ベッドとシャワーだけがあり2千円程という
完全に性行為を行うためだけの使い勝手が良いところ。
またそれとは逆に値は張るが、広くてキレイでムーディーな雰囲気で
大人のデートを楽しめるようなホテルもある。
池袋でホテヘルを利用する場合、多くの場合は店から指定のあったホテルに移動し
行為を楽しむことになるが、選べるホテルは多いということは覚えておいて欲しい。

また池袋のホテヘル店の中には少し離れたホテルでプレイを楽しむことも可能なところもある。
山手線で隣駅でもある大塚にも多くのラブホテルやホテヘル店があり、
2千円前後の出張費はかかるが、大塚のホテルに女の子を呼ぶこともできる。

そして池袋のホテヘル店で遊ぶ上での特徴は、終了後に寄れる店が多いこと。
風俗で遊んだ後には、ラーメンなどを食べて帰りたいという思いに駆られることもある。
また良い女の子に当たらず、可愛い子と飲みたいと思うこともあるかもしれない。
池袋には夜遅くまで営業しているラーメン屋などの飲食店が多く、
格安のガールズバーやキャバクラも豊富にある。

このような特色のある池袋でホテヘルなどの風俗を楽しむのも良いだろう。

関連記事

錦糸町ホテヘル利用の流れ

池袋という街とホテヘルについて

神奈川ホテヘルと妖精

NO IMAGE

風俗求人より儲かる使用済み下着

NO IMAGE

風俗店の男性スタッフ

新大久保ホテヘルと家庭教師