AV女優は風俗より儲かるか?

女の子の中には風俗店でこっそりお金を稼ぐか、顔を晒してもAVでがっつり稼ぐか、迷う人もいるでしょう。
AVと一口に言っても色々な絡みやジャンルがあり、そのまま素で演じる「素人系」から女優として出演する「女優系」、年齢を重ねれば「熟女系」やスカトロ・レイプの「マニアック系」等、楽なものから苛酷なものまである。
最もAV女優として収入が高いものは1つのメーカーが専属契約して「単体女優」として撮影するもので、収入額は100~300万という高額なもの。世間の多くはAVに出演すればこれぐらい稼げると考えているようだが、これは普通の女優と同じでルックス・スタイル・AV的な特徴や特技等ないと契約してもらえない。AVに出れば誰でもこれぐらいもらえるのではなく、一握りの人がこの金額といったことになる。一般の素人ものなら数万~10万、多くて50万くらいといったところか。素人ものなら顔モザイク場合もあり、顔も知られず出演することも可能だが、結果的には風俗より稼げていない。単発で高額なお金が欲しいひとは良いが、素人ものは代わりがいくらでもいるし、素人でずっとやっていっても思った以上に稼げないのが現状です。
この一握りの単体女優は月1回のペースで撮影を続けていき、より高額な収入を目指すなら年間契約で働くことになる。基本的には専属契約のAV女優と変わらないが、1つのメーカーで年間契約するので確実な収入を得ることができる、年間契約の場合は出演料が1000万円以上。よく1年間限定で出演して引退していく女の子がいますよね。女優のファンとしては悲しいものですが、こういった裏事情があるわけです。

単体とは別のAV女優としては、複数のメーカーと契約して出演する企画AV女優がある。この企画女優は色々なメーカーに出演できるので毎月の出演本数の制限等は特になし。
時間やニーズさえあればいくらでも出演することができるが、企画女優の場合は出演料が20~100万円。単体に比べると随分低いですよね。週に1作以上ペースで新作が出ているようなAV女優はこういった背景があります。とにかく出まくらないとあまりお金にならないんですね。

AV女優になれるクラスの女の子なら高級デリヘルで働くのも給与的にはそんなに変わらないかもしれません。こちらも月1000万以上は見込める仕事ですので、どちらをとるかは女の子次第でしょう。

こういったお金事情を知ると普段見ているAV女優への味方も変わってきますね。

関連記事

NO IMAGE

風俗店の男性スタッフ

NO IMAGE

風俗・AV・アイドルに群がる女の子