ホテヘルとは?

ホテルヘルスの略称、受付を持つヘルス店を指します。店舗にはプレイルームはなく、プレイはラブホテルで行うのが基本です。

ホテヘルとファッションヘルスの違いは?

プレイルームを持つかもたないかが大きな違いです。ホテヘルは受付のみを済ませてプレイは自体は近くのラブホテル等で行うのが一般的ですが、ファッションヘルスは受付を済ませると店内のプレイルームへと案内されその場所で性サービスを受けることができます。料金はホテヘルの方が割高になります。

ホテヘルとデリヘルの違いは?

受付の有無です。ホテヘルは受付がある分、逃げも隠れもできないゆえ、パネマジ・振替等の悪質な行為は少ない傾向があり、良心的なサービスが受けられる確率が高いです。

ホテヘルの料金体系

相場は60分20,000円前後といったところでしょう。しかし別途ホテル利用代(ショートタイムで3,000前後)発生するのでご注意を。

ホテヘルの利点

1. 二人きりの空間

ファッションヘルスと違い店舗外でプレイを行うため、誰にも監視されずにプレイに専念することができます。ファッションヘルスだと強引なプレイ(本番強要等)を試みて嬢の機嫌を損ねちゃうと、すぐに黒服に殴り込みにこられそうで安心してプレイに集中できないですよね(笑)

2. パネマジが少ない

ホテヘルでは受付を持っているため、そこまでは酷い女の子をあてがうとは考えにくいですよね。また、デリヘルのようにHP上のパネルではなく、受付でパネルを見ることができるので信頼性が高いです。

3. 男性スタッフとの信頼関係

デリヘルだと電話のみでやり取りですが、受付があるとフェイストゥフェイスで男性スタッフとやり取りができます。常連になったりするとオススメの子を教えてくれたり、貴方の趣味嗜好にあった女の子を探してくれることも。電話だけではなかなか築くことができない男性スタッフとの信頼関係を構築することで、最適なホテヘルライフを実現しましょう。

ホテヘルの欠点

1. ホテル代別途

ファッションヘルスに比べると少々割高感は否めませんね。仮にプレイ料金は同じくらいでもホテヘルの場合はホテル代が別途発生します。安くで遊ぶならレンタルルームもありますがかなりグレードは落ちますし。。

2. 手間

受付を済ませわざわざホテルへ移動するのが面倒かも。まぁそれもホテヘルの醍醐味といえば醍醐味なのですが。

3. 店がわかりにくい

ファッションヘルス、ピンサロ、ソープなど他の店舗型風俗と比べ、ホテヘルは外観からは非常にわかりにくいです。怪しい雑居ビルに入り込んでることも多く、場所を正確に知らないと迷っちゃうこともしばしば。

ホテヘル利用の流れ

1. 受付

まずはお店に足を運びましょう。

女の子の指名

コースの指定

プレイ料金の支払い

ホテルの確定

上記を済ませます。

2. 移動

ホテルへ移動。お店の方が親切に教えてくれるので安心ですね。

3. ホテル到着

少し早く着いて嬢を待ちます。そのとき、再度嬢のプロフィールをスマホで確認しながらプレイの計画を立てる、ペイチャンネルを見ながら士気を高める、なんでもよしです。

4. 女の子が到着

嬢とご対面です。パネマジじゃないことを祈るのみです。。

5. シャワー

即尺コースなど特殊コースを選ばない限り、基本的には女の子と二人でシャワータイムです。案外この時間も楽しいですよね。

6. ベッドイン

シャワーを浴びたらいざ戦場(ベッド)へ!

7. フィニッシュ

お好きなフィニッシュで精子を宙に舞わせましょう。

8. お別れ

まもなくお別れですね。一緒に部屋を出て基本的にはホテルの前でバイバイです。

9. 抜け殻になって帰宅・・

道中、足元フラフラになりますよね。

10. 爆睡

しっかり抜いたあとは快眠出来ると思います。

おすすめホテヘル

東京おすすめホテヘル

新大久保ホテヘル「ウルトラプラチナム」はこちら